幸せ運ぶ大磯の結婚相談室

「OISOの結婚相談室おざき」ではあなたのご結婚までのお世話の他「婚活に関わる疑問・質問」にお答えします。お問合せは「日本仲人協会公式ホームページ」の「結婚相談」→「神奈川県」→「OISOの結婚相談室おざき」にmailでお問合せ下さい。

戸川公園のチューリップフェア2018年

戸川公園のチューリップを見に4月4日(水)行ってきました。

チューリップフェアの期間は4月7日(土)~4月22日(日)までです。

行かれる方は下記の2点に注意して下さい。

 

①期間中は駐車場も混雑しますので早めの時間帯が

 よいと思います。(開園は8時です)

②野生の「イノシシやシカ」避けで16時過ぎには

 ネットが張られチューリップの近くには行けません。

 またメイン会場には入れませんので注意して下さい。

 

詳しくは戸川公園ホームページをご覧下さい。

 

では4月4日(水)現在の開花状況の様子です。

参考にして下さい。

 

  八重桜と菜の花とチューリップのコラボ (^o^)

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20180407162315j:plain

 

 

 

昨年の秋 チューリップ植え付け隊で植えた

ホワイトバレーも見事に咲いてました (^_^)v

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20180407162530j:plain

 

 

 

メインの広い区画は16時過ぎにネットではなくフェンスに施錠されてしまい

まったく中には入れませんので訪問時間には注意して下さい。

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20180407162928j:plain

男性と女性の幸せな関係創り【第3話】「結婚への不安」と「結婚後の障害」

【第3話】「結婚への不安」と「結婚後の障害」…

交際相手がいても現実的に結婚を考えたとき

将来への不安に駆られることもあるでしょう。

またその不安が障害となって結婚に踏み切れない

こともあると思います。

 

それらは「特に女性に見られる傾向」ではないでしょうか?

 

**一つ目は「結婚への不安」**

**特にあなたのご両親が離婚している場合**

この場合ご自身の結婚には慎重になるのは当然です。

きっとご両親の離婚を経験したことで

身を引き裂かれるほど辛く傷ついたことでしょう。

その記憶が「トラウマ」になっていることが

私にも容易に想像がつきます。

 

しかし***

そんなあなたに伝えたいことがあります!

 

 

*************************

ご両親も離婚が解っていて結婚したのではありません!

*************************

 

 

ご両親も「それぞれに苦しみ心にキズを負い」その結果

離婚しか道が無かったのだと思います。

 


そしてあなたは・・・

そのお父さんとお母さんの深い愛情の証として

ご両親から望まれて産まれてきました。

 


その大切な子どもの幸せを奪うようなことを

安易な気持ちで選ぶような親など一人もいません。

苦しみ悩んだ結果なのです。

 

もしあなたに「ご両親の離婚がトラウマ」となって

ご自身の結婚への不安に繋がっているのであれば

それは「幸せになるチャンスの芽を奪う」ことと

同じです。

 

古くは昭和の時代など多くのカップルは親族や友人等を

招いて「結婚式や披露宴」で祝ってもらいました。

これらの婚礼の儀式は新郎新婦にとってある意味

重くのし掛かり  よい意味で神聖なのもでした。

……と同時に特に女性には「忍耐」も重くのし掛かり

そうそう簡単に離婚には発展しにくい環境だったようにも

思います。

また結婚後の女性の社会進出も今ほど比率が高くなく

離婚したくても経済的に難しかったのも

「離婚のブリーキ」になっていたのでしょう。

 

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171230200912j:plain

 

**********************


**二つ目は「結婚後の障害」**

**現在多数派の共働きの場合です**

現在は当時と取り巻く環境も変わり特に女性の社会進出は目覚ましく

男性と大きな違いがありません。

多くの女性が結婚後も企業で働きながら

帰宅すれば家事も待っているのが多数派でしょうか。


また現在でも多くの男性が「家事仕事」は女性の仕事として

認識しているのではないでしょうか?

見方を変えれば「不平等」とも言えますが環境の変化に

ズレているのが大多数の男性ではないかと私は思います。

 

 

それら「仕事と家事の意識のギャップ」

夫婦間の摩擦に発展することも少なくないでしょう。

 

 

余談……

※一昔前までは「女性の結婚=永久就職」と言われていましたが

今は環境も変わり女性もそんな風に考えている方は

ほんの一握りの方に過ぎず逆に結婚後どうしたら今の仕事を

続けらるか?

そう考えている女性が大多数でしょう!

 

 

******************* 

これらのことから…

結婚と就職はとても似ていると思います!

*******************

 

 

今は男性にとっても女性にとっても

結婚はどこかの会社に就職するのと

同じかも知れません?


例えば会社に就職する理由として…

その会社の給料が魅力的だからとか

会社の特色や将来性など何かしら魅力を感じて

就職するのだと思います。

 

 

また結婚と同様に「あなたが入社を希望」しても

「会社側からお断り」されることもあり

この点も「就職と結婚は同じ」です。

 


その会社を選んだ動機は様々でもやり甲斐や居心地が良ければ

入社後も長く勤められることでしょう。

そして何れは「定年退職」を迎える方も多いと思います。

 

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171230201416j:plain

 
しかし…

誰も「その会社の将来性」「あなたとの相性」など

確約は出来ません。

もしかしたら「倒産」するかも知れません?

もしかしたら「リストラ」されるかも知れません?

もしかしたら「人間関係が上手くいかない」かも知れません?

もしかしたら「あなたから嫌気が差す」かも知れません?

等など先々のことなど誰にも解りません。

 

 

******************************

**このように「就職も結婚も」一種の賭けに近いものです!**

******************************

 

 

夫婦お互いが健康であっても長い夫婦生活で起こりうる事態は

誰にも予測ができないからです。

 

だから結婚しても万が一上手く行かず限界を感じたら

離婚を考えても良いのではないでしょうか?

 

 

決して結婚を軽く捉えているのではありません。

 

 

夫婦生活はお互いが生まれ育った環境のまったく別の

人間同士が結婚と同時に同じ家に暮らし苦楽を共にします。

そこには「夫婦としての愛情」はもちろんのこと

「お互いを認め」「お互いが一番の理解者」であることが

理想的です。

そうして幾多の試練を乗り越え「強い絆を育てていけたら」

きっと周りからも羨ましがられる素敵な夫婦でいられると

思います。

 

 

しかしそうは言っても心配な方もいるでしょう!

そんな方は「とりあえず同棲生活」から

スタートするのも一つの選択肢ではないでしょうか?

交際中とは違いお互いの帰る処(家)は同じですから

環境は様変わりして冷静にお互いが現実を直視できるからです。

 

そんな選択肢も一つの方法だと思います。

 

またどんなに「誠意を尽くし努力しても」破局はあります。

 

 

******************************** 

そんなときは「離婚を失敗と考えず」「あなたの貴重な経験」と捉え

あなたの次の成長に繋げたら良いのではないでしょうか。

********************************

 

 

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171230202120j:plain

最後までお読みいただきありがとうございます。

どうぞ 良いお年をお迎え下さい (^o^)

 

男性と女性の幸せな関係創り 第2話「収入と結婚」

11月24日(金) 男性と女性の幸せな関係創り 第2話「収入と結婚」

余談として先ずこの数字をご覧下さい。

2015年 国勢調査の生涯未婚率…男性23%強・女性14%強です。

「備考」・国勢調査は5年に1度

     ・生涯未婚率とは「45~49歳」と「50~54歳」の未婚率の

     平均値を50歳時で一度も結婚したことの無い人の割合に

     置き換えた数値です。


この数値「50歳時で男性23%強・女性14%強」

多いと見るのか? 少ないと見るのか? これが最近の実態です。

 


またこの未婚率は年々増加傾向にあるようなので国策を含め環境が改善しない

限り次回調査2020年には更に上回る数値になると懸念されます。


これでは子どもの出生率(合計特殊出生率)向上も期待出来ないため

このままでは益々少子高齢化が進んでしまい危機的な状況だと思います。

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171124132218j:plain

 


**それでは本題の「収入と結婚」について**

※男性は「収入」が高い壁になっているかも知れません?

※女性も参考にして下さい。 (^_^;)

 

*実態として総務省「全国消費実態調査」2015年では…

30歳以下のご夫婦の場合で…

①世帯収入「年収500万円以下」が約22%

②世帯収入「年収400万円以下」が約28%

 

以上のように①+②=50%で「世帯収入300万円~500万円」の

範囲に収まるご夫婦が30歳以下ではちょうど半数を占めております。

 

 

この事実を基に「特に男性にお話したい」のは…

年収は多ければ多いほど経済的に夫婦の生活が楽になるのは間違いない

ですよね(^_^)v

しかし国内で多数派のサラリーマンの方々にとっては自営業者のように

ご本人の努力だけでは毎月の給料も年収もそうそう飛躍的に増収は

望めないのが一般的ではないでしょうか(=_=)

 

しかしサラリーマンの場合大幅な減収も無い点はご家族にとって大きな

安心に繋がるのも事実です。

それに各種の社会保障があるのも大きな安心の一つですよね(^_^)v

 

また例にしたのは「世帯収入」ですからご夫婦合わせた年収になります

ので必ずしも男性一人の年収とは限らない点です。

 

 

私が何を一番伝えたいか? と言うと!…

上のように考えたら男性の年収が300万円台でも

奥様の協力(共働き)があれば世帯収入400万円~500万円も

十分可能な範囲だと言うことです。

(注)もちろんこれで良いと言う話ではありません。

こう考えたら男性の収入への壁も少しだけ

気持ちが楽になるのでは?と言う一例です。


ただし特に男性で気をつけて欲しいことが一つだけあります!

それは派遣などの非正規雇用で働いている方です。

 

 

  結婚したい気持ちがあるのであれば

  転職してでも正規雇用で働くべきです!

 


それは…

①特に男性は…結婚する相手の女性から見て収入以前の問題として

男性の「不安定な雇用形態」では「女性から結婚相手の対象外」として

敬遠されるからです。当然ですよね(=_=)

 

※今は幸いにも2020年の東京オリンピック関連やその他の要因で

国内産業全体の人手不足が騒がれています。

従って「あなたの知恵と努力と多少の妥協」次第では正規雇用の道も

十分に可能だと言うことです(^_^)v

 


②また国内産業の大半を占める中小企業「製造業なら300人以下

・サービス業なら100人以下」であっても正規雇用であれば

社会保障として…*健康保険*厚生年金*雇用保険介護保険労災保険

等もあるからです。

 

※やはり新しく家庭(家族)を持つからには安定した収入と同様に

これらの保障も必要です。

結婚する相手の女性にとって安定した収入と社会保障

大きな安心に繋がりますよね(^_^)v


男性の方で「結婚はしたいけれど現在=契約社員や派遣等」で働いて

いる方はご自身のためにもこの問題を真剣に受け止めて欲しいです。

 


③厚生年金や国民年金についての特徴や欠点に合わせ生活保護制度なども

絡めて様々な意見は世間で言われる有識者や(学識経験者)の先生方が

色々と意見を言われていますので興味のある方はぜひそれらを

調べてみることをおすすめします。

※必ずあなたのためになります(^o^)

 


では専門的なことはそれらの先生方にお任せして

ここで私が皆さんに強くお話ししたいのは将来の年金制度が

どう変わって行こうとも現在の制度では断然正規雇用

あなたやあなたの将来の家族にとって有利だと言うことです。

 

もし現在派遣等の非正規雇用で働いているあなたがこの先も

同じ立場で長く働けば働くほど結婚はより難しいくなるし

ハッキリ言って「老後は悲惨な生活苦」に追い込まれる危険性が

高くなります。

 

どうか該当する方は現状に甘えずにご自身の将来を計画的に見直して

欲しいと思います。

あなたの知恵を絞って打開策を探せば必ず一歩も二歩も今より明るい

未来が描けると思います。

そんな方々が一人でも多くなることを私は心から願っております(^_^)v

 

 


次に…

※女性は理想を追いすぎて現実が見えていないかもしれません?

 

事実として「結婚できない女性」の大きな特徴を3つ挙げると(^_^;)

 

*先ず一言で言って「偉い方です(-_-)」いくら男女平等と言っても

「男性を見下す」とか「男性の意見を受け入れない」とか

「自己中的な方」はどんなに容姿が良くても男性からは

敬遠されやすいです(-_-)

 


*次は「理想が高すぎる方です」相手の男性に求める「経済力」や

「容姿」や「結婚後のご自身の希望など」男性全体をピラミッドに

例えたら頂点を狙ったような条件を求める方です(?_?)

 


*続いて「ご自身の年齢です」見た目がどんなに若くても35歳を

過ぎた辺りから女性の結婚の難易度は急上昇します。

ただし上の2つに当て嵌まらなければ私は十分結婚は可能だと思います。

性別に関係なく人として魅力のある方は40を過ぎてもそれ相応の

ご縁はあるものです(^o^)

 

 

下の写真は余談ですが(^_^;) 今月(11月)初旬の強羅公園です。

空がとても綺麗でしたので (^_^)v

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171124134136j:plain

 


*その他は第1話「その2」で「性別に関係なくモテない人」のところで

挙げました「清潔感の欠ける人」や「相手への思い遣りや配慮に欠ける人」と

なりこの辺りは男性にも女性にも気をつけて欲しい点です(^o^)

 

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171124132003j:plain


では今回はここまでにして次回に続きます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

男性と女性の幸せな関係創り 第1話「その2」

11月4日(土) 第1話…異性との出逢いのキッカケ創り【その2】

私は世間で結婚適齢期と言われる方々や既に時期を過ぎている方々にも

この記事をお読みいただき少しでもご自身の結婚に近づける「キッカケ」

なれたらとの思いで書いています。

お読みいただく方々すべての方に当て嵌まらないとは思いますが婚活中の

方々の少しでも応援ができたら嬉しく思っております。

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171104214344j:plain

前回10月19日(木)の第1話…異性との出逢いのキッカケ創りでは「職場や

趣味等の身近な環境でお目当ての方が存在しているケース」でお話をさせて

いただきました。


今回【その2】では「あなたの周りに異性がいない」とか「異性がいても

恋愛の対象となり得る方がいない」など日常生活の中での出逢いが

難しい方を対象にお話をすすめさせていただきます。

 


そんな方々にはご存じのように「色々なタイプの婚活サイト」があります。

 


また婚活サイトはタイプ別に分けて「基本的に3つ」あります。

 

また1つのタイプの中にもそれぞれの特色がありどんなサービスを

受けられるのか?解りづらい一面もあります。

もちろんそこには基本契約以外にオプション扱い等で費用も伴います。


従いまして…

もしどこかを利用するのであれば可能な限り下調べした上で

「ご自身に適した婚活サイト(会社)を選ぶ」のがベストです。

 


また全般的に皆さんが期待するほど決して成婚(成功)率は高くありません。

どうぞご自身の人間力磨きを欠かさず」に入会先は慎重に選ぶべきです。

 


また生涯のパートナーを求めて活動するのですから当然そこには

試練や挫折が伴うこともあります。

そのような環境で婚活をしていく訳ですから

「どこに頼むかの見極めは非常に重要」だと思います。


なお見極めるのは非常に難しいかも知れませんが…事務的にお世話する

のでは無く「あなた個人に寄り添って温かく導いてもらえる環境」

色々なことを乗り越えて行く上で心強いのではないでしょうか?

 

またネット上には「ウソや誤解」も含み色々な情報があります。

先ずはご自身でアウトラインを調べてみるのが一つの方法です。

 


では…

ここでは婚活サイトの「型と特徴」だけに触れておきますので

もしあなたが婚活サイトのお世話になるとしたら…

あなたの性格は「どのタイプ(型)が良いのか?」の参考にして下さい。

 

*「結婚相談所型」…大前提として結婚が目的です。

・リストアップ→・お見合い→・交際→・結婚までを1対1でサポートが

受けられるのが最大の特徴です。


*「データーマッチング型」…ご自身とお相手の入力条件が合えば勝手に

ピックアップ(リストアップ)されるので会う前の段階までは手間要らずで

速やかなのが最大の特徴です。


*「お見合いパーティー型」…性別を問わず婚活中の方々と集団で会えるので

色々と情報集めには最適です。ただし奥手の男性には少々ハードルが高い

一面もあるのが特徴です。


*その他にも「ネット検索型」「合コン型」等もありますがこちらは結婚を

目的にされている方に私はおすすめ致しません。

 

 


では次に…言いにくいのですが(=_=)

「モテない人の特徴」と「モテる人の特徴」をいくつか挙げてみます。

※ただしこれは私個人の意見なので必ずしもすべての人に当てはまるモノでは

ありません。この点をご留意下さい。

 

*先ず「モテない人」の特徴

①清潔感に欠ける人です。

性別に関係なく…具体的に挙げるなら「髪の毛の手入れが?」とか

「ツメの手入れが?」とか「服装に気を使わない」とかご自身の身だしなみに

気を使わない方です。


②相手への思い遣りや配慮に欠け自己中的な人です。

これも男女共通ですが特に男性は要注意です。

例えば…女性は気を許せる相手には色々とお話をしたいものです。

心地よければ話はどんどんエスカレートしていくものです(^_^;)

従って「男性は耳を傾け共感する優しさ」が必要だと思います。

 

もちろん女性にも当て嵌まりますので(^_^;)

たまには男性の話に耳を傾けてあげる優しさがあるといいですね(^_^)v

 

特に男性は女性の話に「うなづき」や「共感の言葉」で優しく

包んであげたら高得点じゃないでしょうか(^_^)v

 

 

※くれぐれも否定的な態度はしないことです。

そんな「否定的な態度や言葉」「一瞬でよい雰囲気を壊します」(=_=)

最悪はケンカに発展してしまい関係も崩壊するでしょう(T_T)

 


どちらも一方的にしゃべるのではなく「キャッチボール的」「会話」

自然に進めばベストですよね(^_^)v

これが機能していれば「デートの場所など関係なく益々よい関係が築ける」

思います。

特に「男性は忍耐」も必要ですがそれだけ女性から信頼されている

のですから喜ぶべき傾向だと思いましょう(^_^)v

 


*次に「モテる人」の特徴 (結婚相手として!)

誰が何と言っても見た目のステキな方は性別に関係なく初めはモテますよね。

ただし「どんなに美形」でもお付き合いして「特に結婚を考えたとき」

それほど大きな比重にならないのではないでしょうか?

 


特に年齢が高くなり目が肥えてくると魅力としての美形の占める割合は

それほど高くないと思います。

やはり一番は「人として尊敬も信頼もできる方」ではないでしょうか(^_^)v

そこに優しさや楽しさがあれば何も言うこと無い方だと思います(^_^)v

 

 

「参考に」
**私が一つの考え方として重要だと思っていることは**

具体的には「自分が相手にこうしてあげたい!…×bad」ではなく

「相手が何を求めているのか?…〇good」と言うふうに相手を思いやる

ように考えたら少しずつお互いをより深く理解出来るようになるのでは

ないでしょうか(^_^)v

これは特に結婚後の夫婦生活ほど大切な一面だと思います。

とかく結婚すると「馴れ合いの関係」になり手抜きがちになって

しまい「すれ違い」が生じやすくなるものです。

夫婦だからこそ「お互いが一番の理解者」であるべきなのです(^_^;)

今回はここまでにします。

 

 

*次回…男性と女性の幸せな関係創り 第2話では

「収入と結婚」について触れてみたいと思っております。

*男性は結婚への高い壁になっているかも知れません?

*女性は理想を追いすぎて現実が見えていないかも知れません?

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171104221202j:plain

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

戸川公園のチューリップ植え付け隊

11月1日(水)は戸川公園(秦野市)恒例の「チューリップ植付隊」

参加して来ました。今回の期間は11月1日(水)~11月7日(火)です。

詳しくは戸川公園公式ホームページをご覧下さい。

 

と言う訳で初日1日(水)午後の部に参加して来ました。

平日だったためか午後の一番乗りでも我々が初日の

8番目でした。

係の人に案内されたのが1-8でホワイトバレーと言う品種の

球根の植え付けでした。

 

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171102210342j:plain

 

 

 

写真のように既にそれぞれの区画には直径1.5m×深さ10Cm程度の

浅い穴が掘られていて番号表札が立ててありました。

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171102211313j:plain

 

 

 

ここに預かった球根100個を適当な間隔で植えていきます。

最後に軽く土を被せて球根が隠れれば作業終了です。

おおよそ30分の作業です。

 

 

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171102212025j:plain

でもけっこう真ん中辺りは手が届かず足を思い切り開いて

片手を円の真ん中辺りに突いて植えたので

それなりに私にはキツイ姿勢でした(>_<)

おかげで翌日のテニスはプレーする前から足の付け根が

痛かったです(^_^;)やはり歳には勝てませんでした(^_^)

 

 

今回の植え付けは来年の春(2018.4ころ)に咲き誇るそうです。

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171102212346j:plain

と言うことで来春の楽しみが一つ増えました(^_^)v

 

また参加者には戸川公園 開園20周年記念バッチが先着100名に

配られていました。これは初日11月1日(水)のみのようですが?

 

また参加者全員にこの春咲いたあとの球根(10個)のプレゼントが

ありましたので私は庭に植えようと思っています。

 

ちなみに今回の株数は7万個を予定しているようなので

初日の参加状況から判断して最終日7日(火)辺りでも十分参加できる

のではないでしょうか(^_^)

 

小さいお子さんでも安全に植え付け出来ますから興味のある

親御さんは参加されたら親子できっと楽しめます(^_^)v

 

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171102213842j:plain

最後までお読みいたたきありがとうございます。

では失礼致します。

 

 

 

 

男性と女性の幸せな関係創り「第1話」

10月19日(木) 第1話は…異性との出逢いのキッカケ創り。

 

タイトルの通り第1話は婚活中で彼女や彼氏が欲しいけど現在は

いない方々への応援やキッカケつくりになれば嬉しいです(^_^)v

話数が進めば現在交際中の方々や既婚者にも参考になる記事を展開して

いく予定ですのでよろしくお願い致します。

 

従いまして恋人同志や夫婦の間でもギクシャクして悩んでいる方々にも

記事の前半は少し異なりますが読んで「少し気持ちが楽になった」とか

「そうなんだよね」などと前向きになれるキッカケになったら私は嬉しく

思います(^_^)

そんな想いで「男性と女性の幸せな関係創り」も時々記事にしていきます。

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171019230626j:plain

※過去の記事をご覧になれば私の写真でだいたいの年齢も

想像できるでしょうけど(^_^;)

ほぼ読まれている方々は私の娘たちに近い年齢だと思いますので(^_^;)

このオッサンはそう思うんだぁ程度にお読み下さい。

 

では「男性と女性の幸せな関係創り」第1話は**

「異性との出逢いのキッカケつくり」についてです(^_^;)

 

性別に関係なく出逢いのキッカケの上手い人と下手な人が

世間には明らかに存在します。

ただし特に男性の「上手すぎる」のは要注意です!

上手すぎると第一印象は軽く思われがちですからね(^_^;)

 

本当は慣れていても「滅多にやらない男性」に思われるのが

相手の女性には好感度かな?と私は思います(^_^)v

 

では一般的なシチュエーションとして「同じ会社とか職場」または

「何かの趣味・スクール等」…お互いに顔見知りだったりの関係で

男性から→女性に言葉をかけるキッカケでお話をすすめます。

 

先ずは「下手な人」(-_-)

言葉をかけてキッカケを作りたいけど「どう言葉をかけていいか解らない」

とか「誘っても断られたら」とか頭の中が失敗したときの怖さで

行動に移れないパターンが一番多いのではないでしょうか?

 

このタイプは一言で言って「考えすぎ」です。

勇気を持って下さい。

自分の下心や先々のことまで考えるから自分で自分にプレッシャーを

かけてしまう心理状態が大半だと思います(=_=)

 

※もし男性に下心が無くても誘われた女性は百も承知です(-_-;)

※何故ならこの世界には男と女しかいませんし生理的にも惹かれ合うのは

当たり前ですから。(少数派を除いての話ですが)

 

 

次に「自然で上手な人」(^_^)v

※ただし上手すぎるのは禁物です!

たまたま会えたときに極々自然な会話から会えるキッカケ創りに

展開していけばよいのではないでしょうか。

 

(チャンスは突然やってきますから常に準備しておくとよいでしょう)

 

具体的には同姓を誘うように「近いうち〇〇に誘ってもいい?」とか…

同じ趣味の仲間とかなら一番誘いやすいですよね(^_^)v

また会話の中に自然な形で組み込みましょうね(^_^)v

 

おそらくこの一言を受けたときの女性の反応「表情や言葉」でだいたい

白黒は判別出来ると思います。(ときに難しい女性もおりますが)

 

このとき悪い反応で無ければ余計なことは言わずに

「自分のmailアドレスのメモ」でも手渡しして

一言「空mailでいいから近いうちにもらえる?」とかが当たり障りなくて

スマートではないでしょうか。

私は「しつこい」のはイマイチおすすめ致しません(-_-)

 

結果として相手の女性も「あなたと一歩先に行ってもいいかな!?」

感じていたらあなたの願い通りに「何かしらの返信mail」をしてくれると

思います。

※お断り以外の返信が来たら先ずは第一ステージ突破ですね(^_^)v


期限はハッキリ言えませんが「1週間以上返信が無い」上にその後

社内や趣味の場で再会しても「今までと違いハッキリと冷たく感じる」とか

だったら先ずは「縁が無かったと諦め」今まで通りの振る舞いをしたら

いいです(T_T)

 

ただし相手の女性が冷たくてもそれに同(どう)じてあなた自身も冷たく

してはいけません(-_-)

 

そんなことをしたら男を下げるだけです!(-_-)

 

誘ってもらえた女性だってあなたが紳士なら

「絶対に悪い気はしていません」

だからあなたも男を下げてはいけません。

 

「雲の上はいつも晴れ」と言う「ことわざ」があります。

 

将来そんなあなたの魅力に気付いてその女性から逆アプローチも

無いとは限りませんから?

 

常に「人としての振る舞いを磨く」のが正しい姿勢です。

そして挫けずにまた次のご縁を探しましょう(^_^)v

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171019231120j:plain

と言うことで今日はここまでにします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

秦野市の出雲大社相模分祠と白笹うどん

10月11日(水)

「白笹うどん」でランチして近くの出雲大社相模分祠でお水とり」

してきました。

この日は予報通り夏日で日差しは眩しく気温は28度以上あったのでは

ないでしょうか(-_-;)

と言う訳でご覧のように半袖に下は写っていませんが半ズボンにサンダル

と言ったほぼ真夏の装いです。

…これでも暑かったですが (^_^;)

 

 

先ずは腹ごしらえで「白笹うどん」でランチしました。

注文したのは山菜きのこ(温)と特製肉味噌うどん(冷)とおでん2本です。

写真には写っていませんが「すだれ」の右手側にはワラ(藁)を撚るため?の

半世紀以上前?の手動式の何やら機械らしきモノがありました。

しばし眺めて観察しましたが…私は「ワラを撚る機械」と勝手に決めました(^_^;)

お店に入って席に座ったら頭の中は食欲一色に染まり機械が何なのか?

お店の方に聞くのをスッカリ忘れました(-_-;)  いつもそんなものです(^_^)

 

お店の入り口はこんな感じです

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171013083749j:plain

 

と言う訳で注文したのは「山菜きのこ(温)」と「特製肉味噌うどん(冷)」と

「おでん2本」です。

私が頼んだのは山菜きのこですが実はお店に入る前に私は特製肉味噌うどんを

注文しようと思っていました。

ところがドッコイ(>_<)…パートナーがこれにする!と言って

特製肉味噌うどん(冷)を指差したので

内心やられた!(-_-;)と思いつつも

言葉では「美味そうだね。いい選択だよ」と言って譲りました (T_T)

と言う訳で私は山菜きのこ(温)にした次第です。

まぁ実際は途中で交換して半分ずつ食べましたが (^_^)v

 

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171013090334j:plain

 

食べた感想は「どちらも美味しかった」です。

たぶん?「特製肉味噌うどん」は近い味を自分(自宅)でも再現出来そうに

思いましたが「山菜きのこ」のだしの味は奥が深くて無理そうです。

おそらく「特製肉味噌うどん」も味は奥が深いと思いますが私には

辛味噌の味に騙され自分でも再現出来そうに感じたのだと思います。

素人の浅はかさですね(^_^;)

 

ちなみにこのお店にこれから「初めて行かれる方のために」簡単な道案内を

しますね (偉そうな表現 (-_-;)) で失礼しました。

 

先ずは交差点「白笹稲荷入口」を北に曲がって数十メートル先にある一つ目の

手作りの矢印「白笹うどん→」を見逃さなければ辿り着けます。

 

何しろ交差点「白笹稲荷入口」以降は住宅街の路地を走るので

お店の配慮はありがたいです。

県道62号線の交差点「白笹稲荷入口」を北に曲がればあとはお店に案内して

くれる手作りの矢印「白笹うどん→」が数ヶ所の曲がる手前に設置してあり

ますから案内に従えば辿り着けます。

 

 

その後…

満腹感の幸せに浸りながら出雲大社相模分祠」を訪ねました。

ここも神奈川県ではまぁまぁ有名な神社です。

名前の通り島根県にある出雲大社本社と「ご利益は同じ」とのことです。

また*縁結びの神様として(恋愛だけでなく商売繁盛なども含みます)

も有名な神社です。

それと環境省から「日本一の湧き水」に認められた「最幸のご神水とも

言われております「千年の社の水」も有名です。

立て看板もありましたが何でも湧き水の28年度?とかに全国一位に

選ばれた湧き水とかの表示がありました。

歳のせいか?イマイチ良く覚えていません (T_T)

 

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171013082222j:plain

 

冒頭にも書きましたが…

この日は予報通り夏日で日差しは眩しく気温は28度以上あったのでは

ないでしょうか (-_-;)

と言う訳でご覧のように半袖に下は写っていませんが半ズボンにサンダル

と言ったほぼ真夏の装いです。

…これでも暑かったです。

 

ここは9月末から七五三のお祝いもされているようで若いご夫婦が

お嬢さんお二人を連れて本堂の前で記念写真を撮られていました。

 

それを見て私自身も20数年前に娘たちの七五三で同じように地元の神社で

記念撮影をしたことを思いだし懐かしくも心温まる思いがしました。

今は3人の娘も無事に大人になり社会の一員として活躍してくれていることを

嬉しく思います (T_T)

 

そんな訳で持って行った2リットルのペットボトル2本で「千年の社の水」を

もらって帰りました。

*入れ物を持って行けば水は無料でお持ち帰り出来ます。

 

まぁそれにしても10月11日(水)は暑い一日でした。

ちなみに投稿作業をしている本日13日(金)は雨で気温も17度くらいで

しょうか?

その差10度 (-_-;)ありそうです!

どうぞ皆さんも風邪をひかないように温かくしてお過ごし下さい。

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171013102623j:plain

それでは今日はこの辺りで失礼致します。

また最後までお読みいただきありがとうございます。