幸せ運ぶ大磯の結婚相談室

「OISOの結婚相談室おざき」ではあなたのご結婚までのお世話の他「婚活に関わる疑問・質問」にお答えします。お問合せは「日本仲人協会公式ホームページ」の「結婚相談」→「神奈川県」→「OISOの結婚相談室おざき」にmailでお問合せ下さい。

男性と女性の幸せな関係創り「第1話」

10月19日(木) 第1話は…異性との出逢いのキッカケ創り。

 

タイトルの通り第1話は婚活中で彼女や彼氏が欲しいけど現在は

いない方々への応援やキッカケつくりになれば嬉しいです(^_^)v

話数が進めば現在交際中の方々や既婚者にも参考になる記事を展開して

いく予定ですのでよろしくお願い致します。

 

従いまして恋人同志や夫婦の間でもギクシャクして悩んでいる方々にも

記事の前半は少し異なりますが読んで「少し気持ちが楽になった」とか

「そうなんだよね」などと前向きになれるキッカケになったら私は嬉しく

思います(^_^)

そんな想いで「男性と女性の幸せな関係創り」も時々記事にしていきます。

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171019230626j:plain

※過去の記事をご覧になれば私の写真でだいたいの年齢も

想像できるでしょうけど(^_^;)

ほぼ読まれている方々は私の娘たちに近い年齢だと思いますので(^_^;)

このオッサンはそう思うんだぁ程度にお読み下さい。

 

では「男性と女性の幸せな関係創り」第1話は**

「異性との出逢いのキッカケつくり」についてです(^_^;)

 

性別に関係なく出逢いのキッカケの上手い人と下手な人が

世間には明らかに存在します。

ただし特に男性の「上手すぎる」のは要注意です!

上手すぎると第一印象は軽く思われがちですからね(^_^;)

 

本当は慣れていても「滅多にやらない男性」に思われるのが

相手の女性には好感度かな?と私は思います(^_^)v

 

では一般的なシチュエーションとして「同じ会社とか職場」または

「何かの趣味・スクール等」…お互いに顔見知りだったりの関係で

男性から→女性に言葉をかけるキッカケでお話をすすめます。

 

先ずは「下手な人」(-_-)

言葉をかけてキッカケを作りたいけど「どう言葉をかけていいか解らない」

とか「誘っても断られたら」とか頭の中が失敗したときの怖さで

行動に移れないパターンが一番多いのではないでしょうか?

 

このタイプは一言で言って「考えすぎ」です。

勇気を持って下さい。

自分の下心や先々のことまで考えるから自分で自分にプレッシャーを

かけてしまう心理状態が大半だと思います(=_=)

 

※もし男性に下心が無くても誘われた女性は百も承知です(-_-;)

※何故ならこの世界には男と女しかいませんし生理的にも惹かれ合うのは

当たり前ですから。(少数派を除いての話ですが)

 

 

次に「自然で上手な人」(^_^)v

※ただし上手すぎるのは禁物です!

たまたま会えたときに極々自然な会話から会えるキッカケ創りに

展開していけばよいのではないでしょうか。

 

(チャンスは突然やってきますから常に準備しておくとよいでしょう)

 

具体的には同姓を誘うように「近いうち〇〇に誘ってもいい?」とか…

同じ趣味の仲間とかなら一番誘いやすいですよね(^_^)v

また会話の中に自然な形で組み込みましょうね(^_^)v

 

おそらくこの一言を受けたときの女性の反応「表情や言葉」でだいたい

白黒は判別出来ると思います。(ときに難しい女性もおりますが)

 

このとき悪い反応で無ければ余計なことは言わずに

「自分のmailアドレスのメモ」でも手渡しして

一言「空mailでいいから近いうちにもらえる?」とかが当たり障りなくて

スマートではないでしょうか。

私は「しつこい」のはイマイチおすすめ致しません(-_-)

 

結果として相手の女性も「あなたと一歩先に行ってもいいかな!?」

感じていたらあなたの願い通りに「何かしらの返信mail」をしてくれると

思います。

※お断り以外の返信が来たら先ずは第一ステージ突破ですね(^_^)v


期限はハッキリ言えませんが「1週間以上返信が無い」上にその後

社内や趣味の場で再会しても「今までと違いハッキリと冷たく感じる」とか

だったら先ずは「縁が無かったと諦め」今まで通りの振る舞いをしたら

いいです(T_T)

 

ただし相手の女性が冷たくてもそれに同(どう)じてあなた自身も冷たく

してはいけません(-_-)

 

そんなことをしたら男を下げるだけです!(-_-)

 

誘ってもらえた女性だってあなたが紳士なら

「絶対に悪い気はしていません」

だからあなたも男を下げてはいけません。

 

「雲の上はいつも晴れ」と言う「ことわざ」があります。

 

将来そんなあなたの魅力に気付いてその女性から逆アプローチも

無いとは限りませんから?

 

常に「人としての振る舞いを磨く」のが正しい姿勢です。

そして挫けずにまた次のご縁を探しましょう(^_^)v

f:id:oisomachi-konkatsu-kekkon:20171019231120j:plain

と言うことで今日はここまでにします。

最後までお読みいただきありがとうございます。